赤ちゃんが吐く理由と注意点

初めての育児で慣れない中、赤ちゃんが泣くのでミルクかと思い、調乳して飲ませてしばらくすると吐くといった事を経験した人も多く、同様に母乳のママもいつまでも乳首を加えているのでまだ足りないかと飲ませていたら吐くといった事も経験としてあるでしょう。


赤ちゃんはまだ満腹中枢が未発達でどこまで飲んでいいかもわからない事が多く、飲み過ぎという事はよくあります。
飲んだ後にゲップが上手く出なくてゲップと同時に戻すという事もよくあります。



また、成長していくにつれて胃の形もまっすぐな状態からS字になっていく事によって吐き戻しという事も少なくなるでしょう。

寝たきりの状態の赤ちゃんの場合にはどうしても胃が徳利のような形でカーブになりきっていない事や飲み過ぎによる事から吐くという事はよくある事なので多少の吐き戻しは心配しなくて良いでしょう。

赤ちゃんがお座りが出来る等寝たきり以外の姿勢が撮れるようになる頃にはゲップも自然に自分でできるようになっていくので吐き戻しも減ってくるでしょう。
注意したい点は母乳の場合にはどれだけ飲んでも良いと言われていますが、ミルクは栄養が豊富なので一日の飲む量の目安が決まっています。

ミルクの一日の量だけには気を付けておけば良いでしょう。



一度に大量にバケツをひっくり返したかのように吐くという事が何度も続けば病気が考えられるので受診して医師の指示を仰いでも良いでしょう。



赤ちゃんにミルクや母乳をあげた後に少しでも吐き戻しを防ぐにはすぐに横に寝かせないでしばらく抱っこしておく、頭を少し高くして胃からの逆流を防いであげるという事も良いでしょう。


Copyright (C) 2016 赤ちゃんが吐く理由と注意点 All Rights Reserved.