赤ちゃんはよく吐く?心配のない嘔吐の場合

赤ちゃんを始めて育てるお母さんの場合、少しでも変わったところがあれば不安になってしまいます。
ミルクを吐きでもしたら真っ青になって病院へ駆け込む人も多いですが、実は赤ちゃんの嘔吐は心配いらない場合が多いのです。



生まれて間もない赤ちゃんは、あらゆる筋肉が未発達です。

それは内臓でも同じで、胃の入り口を締める筋肉も弱く、ミルクをお腹いっぱい飲んだ後などは胃が広がり、なかなか締めることができません。



このため、ゲップやくしゃみの拍子に吐き戻してしまったり、飲み終わったのにダラダラと口からこぼし続けてしまうこともあるのです。

このような場合は成長と共に筋肉が発達し、徐々に吐くことは減ってきます。

身体の構造上の問題であり、ほとんどの赤ちゃんに見られることなので心配いりません。

しかし、中には噴水のように勢いよく吐いたり、吐くばかりでなかなか体重が増えない場合、ミルクを飲んだ直後でもないのに繰り返し吐く場合などがあります。



このようなケースは筋肉の問題ではなく、生まれつきの病気や胃腸炎などの感染症にかかっていることも考えられるので、すぐに病院へ行く必要があります。

赤ちゃんは自分の身体の不調をうまく伝えることができないので、お母さんがしっかり様子を見ていてあげることが大切です。

吐く様子が少しでも普段と違ったら、油断せずに回数や発熱などをチェックし、症状が酷くなる一方の場合はすぐに専門医に診てもらいましょう。



Copyright (C) 2016 赤ちゃんはよく吐く?心配のない嘔吐の場合 All Rights Reserved.